福岡県太宰府市の介護付有料老人ホーム、はな太宰府では、介護付老人ホームの体験入居受付中。

はな太宰府

  • 0120-750-295
  • お問い合わせ
  1. トップ
  2. > はな通信
  3. > はな通信NO60 令和3年 夏号

はな通信

はな通信NO60 令和3年 夏号

 日本では引き続きコロナ禍の中、1年延期となった東京オリンピックがとうとう始まりました。準備期間からいろんな事があり、自粛中の開催となり、日本中複雑な心境の方も多いと思います。とはいえ、日中リアルタイムで選手の晴れ舞台を見れる機会はないこともあり、テレビ視聴は高いそうです。はな太宰府のデイルームでもテレビをみんなで見ながら一緒に応援している毎日です。選手の一生懸命頑張っている姿に感動と勇気をもらっています。
 早くコロナが終息し安全、安心な日常生活を取り戻すことを希望しています。

 

初夏の思い出(R3.5~R3.7)

  • おやつレクおやつレク

    本日のおやつは手作りぜんざいです。大変美味しかったと大好評でした。

  • あじさい見学あじさい見学

    お天気の良い日にみんなで天拝公園へあじさい見学に行きました。とてもきれいに咲いていてみんな笑顔になりました。

  • 習字レク習字レク

    各ユニットにて書道を行いました。
    みんな思い思い集中して取り組みました。

  • 晴れた日に晴れた日に

    施設内の花壇にみんなで花の苗を植えました。彩りを考え配置も相談して決めました。

  • アイスクリーム♪アイスクリーム♪

    今日のおやつはアイスクリームです。
    みなさんちゃんと溶ける前に食べ終わりました♪

  • あさがお・ゴーヤ植えあさがお・ゴーヤ植え

    中庭にあさがおとゴーヤを植えました。廊下を通る入居様も楽しみに。7月になって大きな大輪の花が咲きました。

 

入居者投稿コーナー

「私の健康の秘訣について」

 私は昭和2年7月7日に生まれました。私の時代は戦争、貧乏、そして平和の時代でしたがなんとか学校を卒業し昭和22年3月当時の逓信省に入社しました。転勤も多く地元の大分から熊本・東京・福岡・鹿児島・福岡・北九州市に赴任しました。  
 逓信省はその後電電公社、NTTとなりましたが56歳で退職し、日本通信建設に9年間勤めて65歳で退職し、その後三和エレックという会社に3年間勤め上げ70歳まで働きました。
 仕事をしていた頃は付き合いで飲み会に参加しお酒を飲みタバコを吸っていました。しかし仕事を辞めてからはお酒は全く飲まない生活を送るようになりました。タバコはなかなか止めることが難しかったが徐々に数を減らし禁煙しました。タバコを止めてからは食事も美味しく感じられるようになりました。でも腹八分で満腹まで食べることはしなかった。食事に関しては意識せずに自然とそういう習慣がつきました。健康を意識して50歳から努めて歩くようにしました。仕事帰りバスを途中でわざと降り30分間くらい歩いて家に帰りました。仕事がお休みの日は家の近所を歩いていました。歩くことが習慣になると、歩けない日は落ち着かず夕食後に時間を作り散歩をしていました。
 70歳になって引退してからは妻を誘い一緒に歩くようになりました。雨の日以外ほぼ毎日2人で歩きました。健康の秘訣は家族が仲良くして過ごすことだと思っています。子供や孫たちと楽しく会話をすることが大事だと考えています。夫婦いつも笑顔でいたいし最近は自然と笑みが出るようになった。
 人の悪口は言ってはいけないと思っています。若い頃にいろいろ失敗してきた。人の欠点を気にしたり、言われたら誰でも嫌でしょう。みんな人は誰でも欠点があるものそれなのに指摘するなんていけないことだと思っています。
 健康でいる為には毎日心も体も元気でいたい。夫婦二人とも同じ考えで一緒に暮らしています。

 文、林 一正 様

 

  •  

 

よもやま話

 どうも皆さんこんにちは。先の執筆者に代わりまして、新参者ではありますが、寿藤ひろまが筆を執らせていただきます。


 梅雨が明けたかと思えば気温が上がり、蒸されては干される様な日々の中、皆様はどの様にお過ごしでしょうか?世間に目を向ければコロナ感染症によって開催が危ぶまれていた東京2020オリンピックが遂に開幕し、選手達が連日、華々しい活躍を魅せてくれています。1896年のアテネ大会から120年程続くこのオリンピックは、戦争などにによる中止が過去に数回あったようですが、延期されたのは今回初めてです。全世界からの注目を浴びている選手達は、夏の猛暑に負けないくらい熱い戦いを繰り広げてくれることでしょう。


 さて、今回のよもやま話では、そんな熱い気温から連想される『エジプト』話をしようと思います。
皆さんは、エジプトといえば何を思い浮かべますか?大半の人は「ピラミッド」や「スフィンクス」といった古代文明の遺跡を想像すると思います。特に有名なギザの大ピラミッドは、高さが140メートル近くもあり、小高い山の様な巨大さです。王の墓とも儀式の神殿とも言われているこの「ピラミッド」は、ジェセル王の階段ピラミッドが初とされており、今から約4700年前に建てられました。日本の建国は2700年前と伝えられていますので、私達の国が出来る遥か昔から存在していた事になります。日本の天皇は、世界最古の王家であると言われギネス世界記録にも認定されていますが、それを遥かに凌駕する長い歴史の中、ずっと同じ場所に鎮座し続け今もなお私達と同じ傍らに、風を感じ、太陽の光を受けているというのは、とてもロマンのある話ではないでしょうか。
 さらに興味深い事に、ギザの「ピラミッド」の付近からは『太陽の船』と言われている木製の船が発掘されています。砂漠で船と聞くと少し違和感を感じますが、これはエジプトで信仰されている神話が関係しているようです。エジプトでは、古来より太陽を神として信仰する文化があります。その神の乗り物が船であり、亡くなった者は船に乗り太陽神と共に旅をし、太陽の昇り沈みにより亡くなった者が永遠に続けると考えられていたようです。なんとも奥深い思想ですよね~
 どれくらい先になるのかわかりませんが、コロナ感染症が終息した暁にはエジプトに限らず、世界の歴史ある建造物を見に行きたいものです。

  • 今後の行事予定

    8月 ・入居者様作品展・おやつ作り・迎え団子作り・風船バレーをしよう      
    9月 ・敬老会
    10月 ・おやつ作り・コスモス見学
  • 今後の行事食予定

    8月 ・山の日御膳・夏季納涼膳
    9月 ・敬老御膳
    10月 ・行楽弁当・郷土料理          
pagetop